安心院支部からのごあいさつです。

竜王山

自然との調和

町づくりは人づくりから

観光協会安心院支部の取り組み

支部長

安心院町は、古くは日田や玖珠、中津、別府を結ぶ交通の要所とし、各町村との経済交流も盛んで、成長し、発展を続けてきました。 そんな中、安心院固有の風土性や文化反映した「こて絵文化」が育まれ、今でも現存する県内の「こて絵」の一割が安心院に集中しています。
このホームページは、そんな安心院町のキラリと光る観光情報や伝統文化などをみなさんにお知らせするために作成し、より多くのかたにご覧いただき、安心院町の魅力に接していただければ幸いです。
「見る、遊ぶ、体験する」以外に「食べる、安らぐ、学ぶ、感動する」というように五感で味わうことができる町、安心院町へどうぞお越しください。

観光は、これまでの大型の箱物をつくり、マスメディアを使って大量に集客する観光から、地域の主導で個人のニーズを大切にする観光に変化しています。
ひとりひとりの趣向も複雑になっており、個性ある地域づくり、人づくりがこれから脚光を浴びるでしょう。
当協会は、小さくてもキラリと光る資源、そして地域に眠る先達の残したお宝を掘り起こし、磨き上げ、繋ぎ合わせ、その価値を再認識し内外に発信していく責務を担っております。
また、地域のみなさまが、自分のまちをしっかり知り、誇りを持つことから始まり、「住んでよし」のまちづくりが「訪れてよし」のまちとなると考え、その一助となるよう、また、これからも私たちのまちが変身し発展し続けることを夢見て、地域のキラリと光る情報を発信してまいります。

「安心院鏝絵ガイド」

安心院観光協会では、ご希望の方に「安心院鏝絵ガイド」を実施しています。お気軽にお申込み下さい。
お申込みは観光協会まで・・・電話:0978-34-4839 メール

「安心院の観光」

九州唯一の自然動物公園「アフリカン・サファリ」は別府から車で20分、農業文化公園、 家族旅行村などもあり、観光客の皆様に喜んでいただいています。

「安心院スッポンとキノケン」

安心院の郷土料理はスッポン料理などの川魚料理が有名ですが、そのルーツは郷土が輩出した政治家であり料理研究家の「キノケン」こと「木下謙次郎氏」です。
近年、グルメ本によく取り上げられる『美味求真(びみぐしん)』は氏の著作で、スッポンは「食通が最後にたどりつく美味」と絶賛しました。
また、北里柴三郎は『美味求真』に序を寄せ、木下が政界に身を投じたのは一大損失であると嘆じています。

美味求真をみる