5 「夷大黒・鯛の三番叟」

作者:長野鐵蔵 年代:明治28年
三番叟と言えば、大黒様が猿に烏帽子をかぶせて踊らせるのが普通である。ところが、鯛に烏帽子をかぶせて踊らせているのが、この鏝絵である。作者長野鐵蔵のユーモアとセンスが伺われる。
 佐藤家は、築100年以上経っても頑丈に残っている。鏝絵の保存とは、鏝絵のある家屋を残すことであろう。また、家屋だけでなく、鏝絵のある街並みも残せれば申し分ないだろう。


6 「ワインとスッポン」 

作者:後藤五郎、平成8年の新作なので古いものとはかな作風が異なるようです。 お店の上で看板としての役目をしています。

bR「唐獅子」 台風で消失した「七五桐」

「七五桐」は台風17号で陥没してしまったが、さいわい写真が残っていた。

37-1 「松に鷲」

安心院町大の江藤春野さん宅にあった「松に鷹(制作年代:明治 職人名:不明)」 です。平成21年11月11日、住宅取り壊しのため取り外し修復をしました。平成22年2月18日に折敷田にある県立安心院高校の正面入り口左に移設しました。

「花菖蒲・水文字」作者・年代・不明 菖蒲は男子の立派な成長を願ったもの。

鏝絵マップ-折敷田周辺