番外-1 「松と鷹」

作者:高吉正憲 年代:明治20年代
松は不老長寿、鷹は鳥類の王者のシンボルで、家の繁栄を願うもの。院内町の佐藤家の二階の戸袋にあったものを〆野英一宅に移設してきました。100年以上経っても色は褪せることなく残っています。


番外-2 「一富士、二鷹、三茄子」 

作者:長野鉄蔵 製作年:明治23年
安心院町大仏の上鶴精さん宅の蔵の戸袋にあったものを、平成16年保存のために取り外し、修復し「よこいよ公園」に展示しています。

よこいよ公園そばには、無料駐車場があります。

番外-3 「波兎と家紋」

作者:不詳 製作年:明治20年代
 因幡の白兎伝説によるもの。波は水で火事除け祈願。兎は多産で安産なことから、子孫繁栄と家内安全を願ったもの。 安心院町筌の口の江藤市次さん宅の蔵にあったものを「憩いの広場」に移設したものです。

憩いの広場は広い無料駐車場と休憩所、トイレがあります。

鏝絵マップ-折敷田周辺